段原酒店の時々

島根県浜田市の昔ながらの酒屋です。浜田市の地酒日本海酒造「環日本海」。島根県で2番目に歴史のある会社右田本店「宗味」などを取り扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

梅SHU

「梅SHU」は九州宮崎県の神楽酒造さん製造の梅酒です。

地元のメーカーを除くと、神楽酒造さんが唯一当店に顔を出して下さる
メーカーさんです。感謝!感謝!です。(^_^)

ビールメーカーさんなどは、昔はあれほど来店していたのに、
小さな酒屋さんにはすっかり顔を出さなくなりました。(-.-)


話しはちょっと逸れますが、我が街浜田市は石見神楽の盛んな地域です。
駅前にはどんちっち時計と言って、大きな神楽のからくり時計があります。

神楽酒造さんの地元の高千穂神楽とは少し違って8拍子のテンポが早く
ヤマタのオロチに代表される派手な神楽です。

神楽繋がりと言う訳ではないのですが、話しを元に戻すと。。。


「梅SHU」は、三角柱の目立つビンで当店でもひときは目立っています。
ビンもですが透明ビンですので、梅酒独特の琥珀色も目立ちます。

味はクセのない標準的な味で、本格焼酎がベースです。

先般も父の日セールでは、当店の逸品として他の商品との
オリジナル商品の1つとして使わせて頂きました。

とても好評で、すぐに売り切れました。

また、今年から新商品の「夢の実」も新発売されました。
この商品に関してはまた書きますね。


「梅SHU」は、すべてのお客様に飲んでもらえる梅酒です。


スポンサーサイト

PageTop

梅のかほり

「梅のかほり」は山口県周南市の山縣本店さんで製造されている梅酒です。

この梅酒を初めて知ったのは、日経新聞土曜プラスワンの梅酒ランキングに
第5位にランクインされた記事を見た時です。

と言う事は、中国地方の梅酒で一番有名で売れている梅酒だと思います。
もちろん他の中国地方の梅酒はランクインしていません。

話しは逸れますが、あきんど仲間の乾魚部門で浜田市の河野乾魚店さん
が同じ5位でランクインされてます。
(あきんど仲間に関してはのちに話します)


話しは戻りますが、是非とも飲んでみたい!と思った1本です。
すぐに会社に電話して快く取引をしていただきました。

飲んでみて、さすが!全国5位の味。
米焼酎をベースに造ってあり、どちらかと言うとすっきりした味です。

僕はそのまま飲まれることをお勧めします。

なにより、名前が上品でいいですね。「梅のかほり」
上品な香が想像できます。

まだ飲んだ事がないですが、ワンランク上の「梅のかほり」
もあるみたいです。う~ん、飲んでみたい!

周南市ですから一度は蔵元を尋ねてみたいと思っています。


「梅のかほり」は、すっきりした梅酒ですが、和の雰囲気が漂う梅酒です。


PageTop

神露梅酒

「神露梅酒」(しんろうめしゅ)は岡山県の神露酒造さんで
製造されている梅酒です。

岡山県は気候が良いところですので、良い梅が育つのでしょう。(^_^)

僕の好きな梅酒の中の1つです。
同じ中国地方ということでちょっとひいき目に見てますが(^^ゞ
フレッシュで甘口の梅酒です。

ラベルにもLightTypeと書いてあるように、かるくて飲みやすい梅酒です。
ラベルの話しをしたついでに書きますと、飲み方まで詳しく書いてあって、
梅の花のピンクがバックの黄緑とマッチしたラベルになっています。

中央に横に梅酒と黒字で書いてありますが、地元の方か会社の方かは
分りませんが、字の上手な方が書かれたのだと思います。

色々飲み方が書いてありますが、僕はストレートをお勧めします。
夏場なら冷蔵庫にそのまま冷やして飲まれたら、この梅酒のフレッッシュ
さが伝わると思います。


なーんちゃって、偉そうなことをつも書いてますが、
酒屋でありながら、何の資格もない僕が言っていることは、
飲んでみての率直な感想です。
完全な我流なのです。(^^ゞ


ということで、神露梅酒は梅酒初心者にお勧めの1本です。


PageTop

くちまろ梅酒

「くちまろ梅酒」は、鹿児島県の濱田酒造さんで製造されている梅酒です。

地元の問屋さん経由で仕入れました、

なぜ、この梅酒を仕入れようかと思ったかは、だいたい想像が付くと
思います。(^_^)

あっ、そうか、僕のいる場所をまだ正式に公表してませんでしたね。

今までの内容を読んで、だいたいお判りだと思いますが、
島根県の浜田市です。

そう、ハマダ繋がりで是非とも置いておきたい1本なのです。

お味の方は、濃い甘口です。
僕から言わせて頂きますと、ロックで氷を浮かべて飲まれることを
お勧めします。

甘いけど数は14%ありますよ。

容量は500mlで、経験から言うと500mlの梅酒は濃い甘口系
が多いようです。

透明瓶ですので梅酒の琥珀色が見えていて、ラベルに描かれている青梅
と綺麗にマッチしています。

濱田酒造さんの梅酒は今は1種類しか置いてませんが、
まだあるみたいですので、他の梅酒も仕入れてみたいと思っています。


500mlと小さな瓶ですが、スナックのカウンターから見える棚に
1本置いてあると、目立つ梅酒だと思います。


PageTop

米糖梅酒

「國乃長 米糖梅酒」は、大阪のお友達に紹介されて仕入れた
高槻の寿酒造さんで製造されてる梅酒です。

初めて口にした瞬間思いました、そうだ、そのお友達はとっても
日本酒が好きな人だったんだと。。。


名前に米糖と書いてあるように、糖分を一切使わずに、
マイナス度の高い日本酒で洗ってそのお米の糖分で独特の
甘味を付けてる梅酒です。

僕が今まで飲んだ梅酒の中で一番日本酒っぽい味をしています。
すっきり清酒味の梅酒といったところでしょうか。


でも、でも、でも、糖分を使ってないので、ダイエット中の方には
お勧めで、日本酒が苦手な方でも「妙薬口に苦し」の精神で
飲まれている方が結構おられます。(^_^)

送られて着た時に驚いたのは、りっぱな商品箱に入っていて、
お土産用に適していると思いました。

健康に気を使われてる方、日本酒好きの方にはもってこいの
梅酒です。


PageTop

月山 梅さけ

今日は、もう1つの地梅酒になる、「月山 梅さけ」について書きます。

島根県と言っても東の端、当店から車で4時間はかかるのでは
ないでしょうか???

ちなみに広島までは高速道路を使って2時間です。

今は安来市になってますが、その昔、戦国時代は尼子氏の本拠地
だった広瀬町にある、吉田酒造さんが造られている梅酒です。

ここの梅酒は、島根県名水百選に指定されている水を仕込み水として
造られていて、度数は10%と低いのですが、男っぽい味の梅酒です。

「月山 梅さけ」と言うように、清酒仕込みで清酒っぽい味が特徴です。
ラベルも黒で囲って白貫の字で梅さけと書かれていて、緑ビンでも
重厚な感じがするデザインとなっています。


同じ島根県ですが、取引もなく、直接電話をして仕入れさせて頂きました。
女性の方が電話に出られて結構審査が厳しかったですよ。^_^;

こちらもスピード作業で対応し、半日使いましたが、
女性の方にも電話の向こうで親切に対応していただきました。(^_^)

ここも若くて優秀な息子さんがおられると聞いています。
まだお話しした事はありませんが、一度お会いしたいものです。


これで、2種類しかない島根県の地梅酒をゲット出来ました。

今はたった2種類しかないけど、酒税法も変わり、にごり酒がリキュール類
になったので、今後はもっと梅酒を造る造り酒屋さんが増えるのでは
ないでしょうか?


最近の島根県の造り酒屋さんは、若い方が修行から帰って継いで
おられるので、とても頼もしいかぎりです。

この話しは、今度しましょうね。


PageTop

梅の恩返し

ちょっと、間があいちゃいましたね。(^_^)


最初に飲んだ地梅酒は「梅の恩返し」と言う梅酒です。

僕は島根県の人間ですが、僕の地元から1時間ちょっとの所に世界遺産
への登録を目指している石見銀山で有名な大田市があります。

そこに一宮酒造さんと言って、僕の同級生の方が社長をされてる造り酒屋
さんがあります。
同級生と言っても同じ学校じゃないですよ。

ここの造り酒屋さんは、清酒「石見銀山」や、マスコミでも有名になった
「イヴレス・ロゼ」と言うリキュールなど幅広く商品開発をされています。

「梅の恩返し」は、度数が7%でフルーティーな味がして、とても
飲みやすい梅酒です。飲まれた方全員が「おいしかったよ。」と、
言われる商品です。

同じ石見地方にこんなおいしい商品があったんだ!と思ったのが
僕の飲んだ第一印象でした。

将来、幻の梅酒になりそうな予感がする梅酒です。

実際に都会の業者さんがいっぱい買われたみたいで、
今は品切れ状態です。(-.-)

なにより名前が良いですね。(^_^)
聞くところによると、社長のお兄さんが名付けられたとか、と聞いてます。



このブログのタイトルが梅酒さがしの旅になってますが、
実際に造り酒屋さんに行ったのは、一宮酒造さんが最初で最後です。

ですから、もう最終回ですが。。。。。(オイオイ!)

これからも書き続けますよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。