段原酒店の時々

島根県浜田市の昔ながらの酒屋です。浜田市の地酒日本海酒造「環日本海」。島根県で2番目に歴史のある会社右田本店「宗味」などを取り扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

九夜十日(ここのよとおか)

「梅郷梅酒 九夜十日」(ばいごううめしゅ ここのよとおか)は、
山梨県の木下商事シャトー酒折ワイナリーで製造された梅酒です。

後ろの説明書きにも書いてありますが、「九夜十日」の銘柄名は、
古代史の英雄、ヤマトタケル伝説にまつわるもので、連歌の始まり
と言われる歌の一節だそうです。

ヤマトタケル伝説ですので、僕の地元の島根県となんとなく
関係ありそーですね。(^_^)


香りは、僕の好きなブランデー仕込みなので、何とも言えない
ブランデーと梅郷梅の酸味がマッチしたまろやかな香りがしてきます。

味は、濃くと甘味がちょうど良い感じに出ています。
甘味より濃くの方が若干強い感じがします。

色も濃い目で、ブランデーグラスで飲むと雰囲気が伝わり
そうな感じがします。

ロックで飲むのがお勧めですが、そのまま冷でもいけますよ。

先日開催した梅酒のテイスティング会では、自分の好みに合う梅酒
の上位にランクされてました。

お酒の飲み手には評判は良さそーでしたよ。




「九夜十日」は、深夜1人で今日1日を振り返る時に飲む1本です。

スポンサーサイト

PageTop

鴬宿梅

「極上梅酒鶯宿梅」は、東京の合同酒精さんで製造されている梅酒
です。

健康梅酒と紹介されているお店もありますが、当店では、
「鶯宿梅」として紹介しています。

何といってもゴールドのラベルが高級感を出してますね。

箱もゴールドで高級感があり、御中元や御歳暮、記念日のプレゼント
などにお勧めです。

健康梅酒と言われているように、普通の梅酒と比べて
多くの成分が含まれていて、都会の梅酒といった感じがします。

カラメル色素が入っているからなのか分かりませんが、
普通の梅酒の色に比べて濃い色合いをしています。

味は、口当たりが微炭酸でも入っているような味で、
酸味を多く感じたことと、後味も結構残ります。

ロックで飲まれるとさらにおいしさが引き出せる梅酒
でしょう。



「鶯宿梅」は、疲れた後の一杯として、疲労回復にいかがでしょうか。

PageTop

梅香熟成梅酒

「梅香熟成梅酒」は水戸黄門で有名な茨城県の水戸市にある明利酒類さん
で製造された梅酒です。

僕の大好きなブランデー入り梅酒です。

ここの会社は、後で書きますが、百年梅酒や水戸の梅ワインなど
評判の良い梅酒やワインを多く生産されておられます。

「熟成梅酒」は、百年梅酒に対抗する訳ではないですが、
3年梅酒と俗に言われている場合があります。

日本でも有数の梅の本場だけあって、新鮮な国内青梅を使用して、
すっきり系の口あたりで、後口にも梅の香がほのかに残ります。

ブランデー入り梅酒独特のまろやかさに加え、ハチミツが入ってる
ので、とても飲みやすく仕上がっているのだと思います。

お酒の弱い母親でも少しずつなら飲めるみたいです。

ラベルには「熟成梅酒」と縦に大きく書かれ、霞が掛かったような
梅の木のデザインが地味に見えますが、僕は大好きです。



「梅香熟成梅酒」は、甘いだけの梅酒は飽きたなー と、思って
おられる方にお勧めの次なる1本です。

PageTop

紀州緑茶梅酒

紀州緑茶梅酒は、名前の通り和歌山県の海南市にある中野BC株式会社
さんで製造されている梅酒です。

中野BCさんは他にも独特の特徴のある梅酒を造られています。
他の商品に関しては後程書かせていただきますが、さすが、梅の本場
和歌山!と言った感じです。(^_^)

この梅酒を飲んだ時に感じたのは、うっ!この味はどこかで経験が
あるぞ!と感じました。

地元ネタになりますが、僕の先輩にお茶屋さんがおられまして、
そこで販売されている、グリーンソフトの味にそっくりだったんです。

そこで売っておられるグリーンティーの味にも似てました。

さすが、緑茶梅酒です。

でも、アルコールはちゃんと12%あるのでお酒の苦手な方は、
上品に少量ずつ頂いてくださいね。

緑茶と聞くと和のイメージと上品なイメージがありますが、
ソーダー水を入れて飲むと、某健康ドリンク系の味になりますので
一度試されてみては如何でしょうか?(^_^)

あまりソーダー水を入れすぎると水っぽい味になりますので
注意してくださいね。



紀州緑茶梅酒は、夜も営業をされてる和風喫茶に置いておきたい
変身する1本です。


PageTop

小正の梅酒

「小正の梅酒」は鹿児島県日置市の小正酒造さん製造の梅酒です。

九州の、例えば鹿児島の造り酒屋さんならどこでも有名な芋焼酎も
造っておられます。

ここも有名な「小鶴」とか限定品の「蔵の師魂」とかがありますよね。


「小正の梅酒」は、別冊宝島本格焼酎飲み比べランキングの
梅酒部門では堂々の3位にランクされている梅酒です。(スゴイ!)

「小正の梅酒」は、ビンがちょっとスリガラス風でそれに映る梅酒の
琥珀色がオレンジ色に見えてとても綺麗です。

また、梅酒という字も光の具合や見る角度によって色が変わって
きます。

分りやすく言うと、ビンやラベルにお金が掛かってると思います。

肝心な味ですが、これが僕好みなんです。

特に、特徴があるのが後口だと思います。
梅酒独特の粘り気がなくあっさりとした後口がします。

他の梅酒でこれだけ後口があっさりしている梅酒は今まで
飲んだ事がありません。

しかし、飲んだ瞬間は、濃くを感じ、この梅酒は凝ってるなー
と言ったイメージが沸いてきます。
さすが、本格焼酎で漬けてるだけのことはありますね。

でも、水を差す訳ではないのですが、お酒のあまり飲めないうちの
母親に言わすと、きつすぎると言ってました。(^^ゞ

でも、僕は大好きですよ。(^_^)


「小正の梅酒」は、ビールに例えるのならプレミアム系のビールです。
奥が深く、味わいが濃いい梅酒です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。