段原酒店の時々

島根県浜田市の昔ながらの酒屋です。浜田市の地酒日本海酒造「環日本海」。島根県で2番目に歴史のある会社右田本店「宗味」などを取り扱っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ガイヤの夜明け・2

さてさて、世間では3連休でしたがいかがお過ごしでしょうか?
午前中は雑用が溜まってましたので、色々とやってました。

昨日、広島に行った話をしましたが、
行ったついでに買ってきましたよ。

こちらには大手コンビニFさんはありませんので、
(ついでに、7さん(進出予定あり)もありませんが、、、田舎ですね)
駐車場の近くにあったので入ったのですが、

紫の缶が売り切れで、その陳列棚に
黒の缶がいっぱいありすぎたので買いませんでした。
IMG_2835_1_1.jpg


コンビニで売ろうとする場合は、中身よりデザインだなーと
思ったのですが、帰り注文を貰うためには、やはり中身も
大事ですね。(当たり前ですね)
あっ、まだ飲んでません。m(__)m
#テレビの映像でも実際に紫ばかり買われていたと思います。

確かに、コンビにでは手付かずのポジションに日本酒はあり、
当たれば最初なので一人勝ちしそうですね。
で、火が付けば、全体的なブームになるのですが、
う~ん、これで火が付くかなー???

人を頼てってはいけないので、
一つ一つの地道な積み重ねが大事です。
メーカー、小売店の努力は必要なんです。


造り酒屋さんを他業種が事実上仕切っている点は、
建設業界が農業をやったりしているパターンと同じです。

今の時代の象徴です。

もともと、造り酒屋さんて、地元の名門や資産家が多いでしょ。
へたに借金が増える前に、辞めていかれる造り酒屋さんが多いのです。
(倒産じゃなく自然に辞められます)

でも、
僕の地元の造り酒屋さんも跡継ぎがいる蔵は頑張っています。

たとえば梅酒(久々に梅酒って書きました)などは、
造り酒屋さんが基本の日本酒+それを基にした商品の一つ
として、商品開発された商品の一つです。

ちょっとでもお酒の良さを味わうことが出来ますよね。



あっ、そうそう、テレビを見ての感想は、身近に感じる話題
だったので、おもしろかったです。
(当事者さんたちは大変でしょうが。。。僕も含まれますが)

商品を売るための地道な努力と時代の変化への対応が
必要であること。あと、ちょっとしたひらめきも大事ですね。

日本酒は、日本の文化なので発展することを祈ってます。

テレビでも言ってましたが、外国では日本酒がブームみたいです。
なかなか出品(店?)するのが大変みたいですけど。。。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。