FC2ブログ

段原酒店の時々

島根県浜田市の昔ながらの酒屋です。浜田市の地酒日本海酒造「環日本海」。島根県で2番目に歴史のある会社右田本店「宗味」などを取り扱っております。

久々に梅酒の話

今朝から慌ただしく当店へ人が出入りしています。
決してお客様ではないのですが。。。(^^ゞ

一つのイベントを開催するにあたって、なかなかすんなりと行きませんね。(^^ゞ
当たり前ですが、、、
当商店街は強力な女性陣たちが引っ張っておられます。
みなさんすばらしいです。


昨日、氷がいっぱい溶けた薄味の梅酒を飲みました。
ここまで氷がいっぱい入って、しかも溶けて薄くなった梅酒を
飲んだことが無かったので、口当たりの薄さにビックリしましたが、

夏の暑い日にの飲むには、この薄味でもいいなーっと、
思いました。飲みすぎるとちょうど言い感じになりますね。(^_^;)

梅酒も氷を1個浮かべて飲むのが、雰囲気も良く好きなんですが、
氷をいっぱい入れて飲む夏バージョンもいいですね。

梅酒に合う料理なんですが、何でもOKかな???
(何の芸もないですね(^^ゞ)
浜田市の名物を推薦致しましょう。(^_^)v

合う料理とより、合うグラス(ガラス・陶器)の方が興味が沸いてきます。
グラスやコップにより、全然雰囲気が違ってきます。
大きさ、量、形、色などなど。。。。。

冬の場合ですが、日本酒は「備前」で飲むのがお気に入りです。

季節によって梅酒のマイグラスを持ちたいですね。

PageTop

父の日セール

父の日セール週間に入りましたね。
#そう思ってない方もおられると思いますが、、、(^_^;)


商品名で言うと、「梅の恩返し」が一番妥当なネーミングなの
ですが、在庫の関係もあり、あえてこれで勝負です。

君に思ふと

このネーミングが父の日セールに向いているかどうかは
別として、飲みやすく仕上がっている梅酒です。


父の日セールといった、大げさなものではないのですが、

たぶん、ビール類や(最近はビールではなく、発泡酒や
ジュースより安い雑種を飲んでるみたいですね(悲))

焼酎、清酒、ワインはいつも飲まれていますので、
プレゼントするには梅酒は良い商品だと思います。


もっとも、
プレゼントを貰える全国のお父さんはどれくらい
おられるのでしょうか???(^^ゞ

IMG_1808_2_1.jpg

PageTop

飲みくらべセット

鹿児島の山元酒造さんの本格芋焼酎と梅酒の
飲みくらべセットを仕入れました。

1合瓶(180ML)の6本入りの2,300円売りです。

6本の中で5本は芋焼酎ですが、1本だけ芋焼酎ベースの
梅酒が入っています。

1合なんで、すぐに無くなりそうですね。

そう、そう、4セットしか仕入れなかったから、
サイトでは売りだせませ~ん。(^_^;)


最近はメーカーさんも努力をされています。

都会では、清酒、焼酎、梅酒など、3種類くらいに分けて
少量ずつ1セットにした、飲み方が流行ってるらしいですね。



昔流行った、ウイスキーやブランデーのミニチュアの瓶
みたいで、ボトルが欲しくて買っちゃう人もいるのでは。。。
IMG_1766_1_1.jpg

PageTop

イメージから連想するもの

最近売れてる梅酒は「加賀梅酒」です。

在庫が無くなりそうです。(涙)


「ファーストクラスに出て来る梅酒」です。と、

お客様に言うとみなさん買われます。

このキャッチフレーズの効果は大きいですね。

ワンランク上の梅酒と言うイメージがするのでしょうね。


日本酒なら新潟県、芋焼酎なら鹿児島県、麦焼酎なら宮崎県
などなど、イメージが先行しますが、

梅酒で言うと和歌山県です。

でも、この加賀梅酒は石川県。
頑張ってます。石川県も酒処でもありますね。

僕の地元は何んだろう???

IMG_1592_2_1_1.jpg

PageTop

自家製梅酒のお話

昨日は、早く寝てしまいました。。。(^^ゞ


僕は見てなかったけど、ワイドショーで北海道のお店やさん(何屋さんかわかりませんが)自家製の手作り梅酒を売ってて、国税庁から注意され、結局は廃棄処分を通達された。

と言う話をお客様から聞きました。
(正確な話ではないと思いますので、予め言っておきますね)


そうなんです。

誰も知らないけど、自給自足の世界で、

売ったり、人にあげてもいけないのです。

奥さんが作った梅酒を旦那さんが飲むのもいけない。と言う噂も
聞いた事もあります。

が、同居の親族はOKだと思います。


それと、20度以下(20度以上はOK)のお酒に漬けるのもいけません。
(ここだけの話ですが、僕は実験でワインや日本酒に漬けたことが
あります。そういえば、あの梅酒はどこ行ったのだろう???
まだ飲んでなかったなー。。。)

発酵の関係かもしれませんが、お酒が出来るらしいです。

それと、梅や国に認められた穀類はOKですが、
ブドウなど、漬けてはダメな穀類もありますので注意してください。
ネ。(^_^)v


つまり、お酒(梅酒)の製造ということになり、製造の免許が入ると
言うことになります。


製造の免許を取得するためには、最低?KLの量(調べてみないと分かりませんが、かなりの量です。素人には出来ない量です。)のお酒
(梅酒)を製造しないといけない決まり事になってます。

そして、そして、その売り上げから、酒税なるものをお国に
収めないといけないルールになっているのです。




結局、好き勝手にやると税金が取れなくなるので
ほっとけないと言うことになったのでしょうが、

規制緩和にするべきか、法律に準じた行動を取るべきか、
今回の件で火が付いて、国の方としても協議が始まるのでは
ないでしょうか。



これを書いてて思ったのですが、僕自身もっと法律を勉強しないと
いけないのがよく分かりました。。。(反省)(^^ゞ

PageTop